ローンの種類と利用目的

ローンとは貸付のことですが、ローンと一口に言っても多様な種類があります。

大別してみると「フリーローン」と「目的別ローン」になります。
フリーローンとは、いわゆるキャッシングやカードローンと呼ばれている貸付です。

クレジットカード決済をさらに詳しく調べてみませんか。

無担保・無保証で契約することができ、専用のカードを用いてコンビ二のATMからお金を引き出したり、銀行口座へ振り込んでもらって借入ができる利便性が高い貸付です。


限度額以内であったら、何度でも借入と返済を繰り返して延々と利用していくことができます。


融資されたお金は、飲み代、ファッション代、生活費、養育費、公共料金の支払い等、どんな用途に利用しても構いません。

原則として利息は日割り計算ですので、返済日まで待つ必要はなく、返済できる時に返してしまったほうが経済的です。

そのため長期返済には向きませんので、生活の一時資金としての活用を推進しています。対して目的別ローンとは、住宅や自動車の購入資金、事業や教育の資金などの特定の目的のみに使えることができる貸付です。
個人向けの大口融資を目的としており、担保・保証人が必要です。

まとまったお金を借りるのに向いていますが、融資されたお金は目的の用途以外に使うことはできません。



まとめてお金を借りて目的の用途の支払いを済まし、借りたお金を債権者に毎月返済していく仕組みになっています。
そのため長期返済を行う事になりますが、もちろん、まとめて返せそうな時には返してしまったほうが経済的です。

このように種類を大別してみると、借りたお金の利用目的から利用すべき貸付が見つかるでしょう。ただし、利用は計画性を持って行ってください。

人気の産経ニュース情報を豊富に提供しています。

特にフリーローンは利便性が高い貸付になるので、お金に対する価値観が麻痺しがちです。


最近では貸付の規制も厳しくなっているので、消費者がより安全に活用できるようにはなっていますが、それでも自分の計画性が最も重要でしょう。

安全に正しく利用をオススメします。